製品とサービス 製品とサービス

新しい Sophos Central のデータセンターが東京に開設

** 本記事は、New Sophos Central data center is now live in Japan の翻訳です。最新の情報は英語記事をご覧ください。**

この度、東京に最新の Sophos Central のデータセンターが開設されました。Sophos Central は、ソフォスの先進的な次世代セキュリティ製品のポートフォリオをサポートするクラウドベースの管理プラットフォームです。

Sophos Central のデータセンターは、当初米国、ドイツ、アイルランドで稼働しており、2021 7月に カナダ8月に オーストラリア に新たに開設され、日本で 6 か国目となります。

成長とデータ

これらの新しいデータセンターの開設には、主な目的が 2つあります。

1つ目は、ソフォスは成長し続けていることです。10年ほど前に、エンドポイントとサーバーを管理するために革新的なクラウドベースのプラットフォームとして始まったセンターは、企業が保護する必要のあるコンピューティング資産における、高度なデータを満載したコマンドセンターへと進化しました。

これまで以上に多くの製品、顧客、そして実用的なデータが用意されているため、今回のインフラの追加は今後も成長を続ける為に必要な容量を提供します。

2つ目は、あらゆる規模の組織(公共組織や民間組織を問わず)に国内のデータセンターで Sophos Central のデータを保管、管理、アクセスできる柔軟性を提供することの重要性をソフォスが認識していることです。

これらの新しいデータセンターは、国または地域の厳しい規制またはポリシー要件を持つ組織にデータ主権ソリューションを提供します。ソフォスは今後も継続的に世界の他の地域へ、データセンターの追加を検討していきます。

ご利用方法

東京の新しいデータセンターで最初に利用できるソフォス製品およびサービスには、ソフォスの XDR (Extended Detection and Response) エンドポイントプロテクションサーバープロテクション暗号化クラウドセキュリティ (Cloud Optix※)、および Managed Threat Response ソリューションが含まれます。

新しいデータセンターの詳細やご利用方法につきましては こちらの資料 をご確認ください。また、ソフォスの製品導入に関するお問い合わせは ソフォスお問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

*Cloud Optix は、日本のデータセンターから導入や管理することができますが、データやインフラは米国にあります。

コメントを残す

Your email address will not be published.