Sophos Mobile 9.7 の提供を開始

CorporateIntercept X for Mobile,Sophos Mobileフォス製品

Sophos Mobile の最新バージョンがリリースされました。このバージョンでは BYOD 機能が改善され、Sophos Central への移行がより簡単になりました。

sophos mobile

Sophos Mobile の最新バージョンがリリースされました。このバージョンでは BYOD (Bring Your Own Device: 個人所有デバイスの業務利用) 機能が改善され、Sophos Central への移行がより簡単になりました。

新機能

Sophos Mobile バージョン 9.7 は、Apple の「User Enrollment」モードを用いた BYOD 環境のサポートを強化しています。このモードでは、従業員が所有する iPhone や iPad に管理者が業務のメールやアプリケーションを展開することができます。展開されるデータはユーザーの私的データとは分離されており安全性も保証されています。

移行ツールを利用することで、オンプレミスの Sophos Mobile をご利用のお客様は Sophos Central に移行することができます。このツールの利用に再登録は必要なく、デバイス、ポリシー、および設定をSophos Central に移行できます。最新バージョンでは、移行コードをソフォスに問い合わせる必要がなくなり、お客様の環境が整い次第すぐに移行を開始できるようになりました。詳細は「移行ガイド」を参照してください。

今回のリリースでは、新しい Android および iOS のポリシー設定が追加される一方、いくつかの古い OS のサポートが終了します。Sophos Central および Sophos Mobile-as-a-Service をお使いの場合は自動でアップデートが行われます。オンプレミスの Sophos Mobile をお使いのお客様は Sophos.com の「サポート」からインストーラをダウンロードできます。

上記すべての詳細については、リリースノートをご覧ください。

今後の更新予定

今回のリリースには、今後追加を予定している、より便利な機能のためのバックエンド作業が含まれています。ソフォスのウェビナーで Mobile 9.7 の詳細と今後の更新予定を紹介しています。

Sophos Mobile は、iOS、Android、Windows 10、macOS、Chrome OS 用のデバイス管理および端末保護を提供します。Sophos.com/Mobile で Sophos Mobile について詳しく確認できます。まずは無料トライアルをお試しください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.